MENU

ホーム > ファスティングの流れ

これまでに何万人もの方が体験した、実績のあるファスティングプログラム。

あなたのご都合の良い日程でスタート

あなたのご都合の良い日程に合わせて、プログラムを組みますので、安心してスタートして頂けます。

仕事を休まなくても参加できる。

AURA式ファスティングの最大の特徴は、仕事や家庭など、普通の生活をしながらファスティングを行えることです。

出張先でも、ミネラル酵素ドリンクを持参すればOK!

身体が変わる事を実感して頂けます。

ファスティング期間は5日または7日を選んで頂けます。

サイズダウンをお約束できます。多くの方がズボン、スカートがゆるくなった!身体が軽くなった!と喜ばれます。身体の中に爽やかな風が吹き、スカっとした気持ちを味わえる、ミネラル酵素ファスティングにあなたもチャレンジしてみませんか。

11日間で身体スッキリ。ミネラル酵素ファスティングにチャレンジ。

ファスティングには「準備期間」「ファスティング期」「回復期間」の3つのステップがあります。

ファスティングで効果を出すためには、この3ステップが重要です。

AURA式ミネラル酵素ファスティングは、トータル11日間のファスティングです。

これは、ファスティング3日目ぐらいから「ケトン体(脂肪燃焼ホルモン)」の分泌が始まるためです。このケトン体が出ることで、脂肪細胞に蓄積された有害物質がどんどん排出されていきます。

有害物質をリセットするとともに、身体の細胞をよみがえらせるミネラル酵素ファスティングをあなたの心と身体でご実感してください。

さあ、始めましょう。

STEP1. 準備期間(2日間)

準備食から始めます。

まずは、ファスティングを行うための準備を行います。

ファスティングの効果を最大限に引き出すためにこの期間は重要です。

目的 身体を慣れさせる
注意点 お肉や揚げ物、お菓子、ケーキチョコレートなど、高脂肪、高タンパク質のものは控える
食べるもの マゴハヤシイワ食事+2Lの水
おすすめ食品
日本の伝統文化である和食をお勧めします。
和食を中心にミネラル、ビタミン、フィトケミカル(植物性食品の野菜、果物、豆類、芋類、海藻、お茶やハーブなど)が豊富な食事に加え、発酵食品、食物繊維も積極的に摂ります。
避けた方がいい食材
消化しにくく、胃腸に負担のかけるものは避けます。
不摂生、多量の飲酒、薬の常用、コンビニ、スーパーの惣菜、インスタント食品など添加物の多い食品にも気を付けます。
準備食は特にこれらの食事を意識して少しでも体内、血液を整えることが重要になります。
豆類
(豆腐、豆乳、納豆、大豆、黒豆、小豆、みそ)
ゴマ、ナッツなどの種子類
(ゴマ、くるみ、アーモンドなど)
植物性発酵食品と漬物
(ぬか漬け、味噌、醤油、酢、甘酒、納豆)
野菜&果物類
(種類は偏りなくカラフルに)
きのこ類
(シイタケ、シメジ、マイタケ、エリンギなど)
穀物類
(いも類、玄米または分づき米、雑穀、蕎麦、甘酒)
海藻
(ワカメ、ひじき、海苔、寒天、昆布)
  • 動物性食品(肉、魚、卵など)高脂肪・高たんぱく質
  • 油脂類類を多く使ったもの(揚げ物、マヨネーズなど)
  • 食品添加物や化学物質が含まれているもの
  • 小麦製品
  • 極端に甘いもの(スイーツ、ジュース)
  • 大量の薬やタバコ
  • 魚・肉のダシなどは問題ありません。
  • 動物性たんぱく質は特に腸で腐敗しやすいため、腸内環境を見出し、腐敗ガスが血液を汚すことで疲れやすくなります。
準備食1日目の食事
「マゴハヤシイワ」を基本に食事をします。 肉・魚・卵・乳製品・揚げ物・油っこいもの・スイーツなどの甘いもの・アルコールなどは避けます。
準備食2日目の食事
朝:「マゴハヤシイワ」を基本に食べます。スムージーでもかまいません。 昼:とろろそばや酢の物、野菜の煮物、ぬか漬けなどがおすすめです。 夕:フルーツ少量+酵素ドリンク ファスティング期間中に使用する、酵素ドリンクを水で薄めて飲みます。 夕食をフルーツと酵素ドリンクだけにすると、ファスティング中のつらさが和らぎ、ファスティング時間も長くなるため、効果がより一層高まります。
 

【ポイント】

  • ゆっくりよく噛み、食べ過ぎず、腹7~8分目を心掛ける。
  • 甘いものは避けます。(ファスティングを開始してから頭痛が起こりやすくなるので気を付けます)
  • パンやうどんなどの小麦製品は腸内環境を悪くしてしまうので避けた方が良い。
  • 発酵食品、食物繊維は積極的に摂ります。(ファスティング中の便が出やすくなり、セロトニン(HAPPYホルモン)も出ます。

※夕食はできる限り20時までに終えます。

STEP2. ファスティング期間(5日~7日間)

ミネラルウォーターと、ミネラル酵素ドリンクで過ごします。
ミネラル酵素ドリンク200ml~400mlを水で薄め数回に分けて飲みます。1日2L以上のミネラルウォーター、お湯、ルイボスティーを飲みます。
※タバコ、飲酒は必ず控えます。
体重や体質などによって、各個人のドリンクの量が違います。
詳しい計算方法は、ファスティングスタート時にお伝えいたします。

ファスティング中の心と身体の変化

ファスティング1日目
ミネラル酵素ドリンクとミネラルウォーター2L以上で過ごします。 (適宜、梅や塩を摂取します)老廃物を出すために、水をたっぷり飲みます。
ファスティング2日目
2日目の夕方辺りから脂肪燃焼が促進され【ケトン体】の分泌が高まります。 これらを乗り越えると「ケトン体」が増え、身体が楽になってきます。
ファスティング3日目
3日目以降は気分も少しずつ上昇し、楽に過ごせるようになります。3日目以降は、通常の20~50倍以上の速度で、肝臓で脂肪がどんどん燃えて「ケトン体」が作られます。これが脳のエネルギーやきんにくのエネルギーになっていきます。これらを乗り越えると「ケトン体」が増え、身体が楽になってきます。
  • 脳はエネルギー不足を感じなくなり、空腹も感じなくなってきます。
  • ケトン体はα波を出すため、リラックス状態になってきます
ファスティング4日目
すっかり胃腸も休息し、気分も身体も絡になってきます。
ファスティング4日目以降
『不要な物から新品を作り出す』といった、細胞の働きが活発になってきます。
  • 細胞を傷付け老化や病気の原因である活性酸素は、古いミトコンドリアが大量に発生させます。
  • オートファジーは、古いミトコンドリアも大掃除し、新しく作り変えて細胞の環境を整えます。
 
便が出ない(水便になる)
便が一時的に止まる方が多いです。(回復食で解消します)
水便になる場合は、ドリンクの乳酸菌が活発に働き腸内を洗浄していると考えます。(管を水で流しているイメージ)

 

眠気
脳のエネルギーがケトン体に切り替わっていれば身体は楽になりますが、変わっていないと眠気が強くなる事があります。

 

体重の変化
個人差はありますが、平均的に、男性で3kg~5kg、女性で2~3.5kg程減ります。
ウエスト、お腹周りのスッキリ感、サイズダウンなどボディーラインが変わる方も多いです。
※細胞の酸化、劣化、脂肪年走酵素(ホルモン感受性リパーゼ(HSL)の代謝が低下している場合は、体重が減りにくい事もあります。(普段からお酒、たばこ、インスタント、砂糖、スイーツ、添加物もろもろの食生活により代謝ホルモンが衰えている事が原因として考えられます)

 

寒気
身体が省エネモードになるため、寒気が起こる場合があります。
また身体がブドウ糖から脂肪(ケトン)を使う事で脂肪が減るため寒気を感じることがあります。

 

運動
軽い有酸素運動は体調を見て行っていただけます。
軽い(40分ほど)ウォーキングはデトックス効果を高めます。その他、ヨガやストレッチもお勧めです。

STEP3. 回復食期間(2日間~)

食事を身体に慣れさせるためのトレーニング期間。
ファスティング後の身体の変化はこの時期によって決まるというほど重要です。 しっかり行う事で消化器官に急激な負担を与えず、リバウンドも防ぐことができます。デトックスができている反面、必要な栄養素も排出されているため、回復食で正しい栄養素を摂ることが必要です。

ファスティングでキレイになった細胞は吸収がとても良くなっています。
ふだんよりもいっそう食べるものに気を付けるのもこの期間です。
目的 ファスティング後に胃や腸に大きな負担をかけないための期間
注意点 ファスティング期間中で一番大事なのが復食期。ここを間違えるとリバウンドや摂食障害、ホルモンバランス以上など、身体に悪影響を及ぼす危険性があります。
食べるもの 最初は、味付けをしないおも湯、お粥で、そのあとは徐々に準備期間食の食べ物を中心に食べます。

おすすめ食品、避けた方がいい食材は、基本、準備食と同じです。

豆類
(豆腐、豆乳、納豆、大豆、黒豆、小豆、みそ)
ゴマ、ナッツなどの種子類
(ゴマ、くるみ、アーモンドなど)
植物性発酵食品と漬物
(ぬか漬け、味噌、醤油、酢、甘酒、納豆)
野菜&果物類
(種類は偏りなくカラフルに)
きのこ類
(シイタケ、シメジ、マイタケ、エリンギなど)
穀物類
(いも類、玄米または分づき米、雑穀、蕎麦、甘酒)
海藻
(ワカメ、ひじき、海苔、寒天、昆布)
  • 動物性食品(肉、魚、卵など)高脂肪・高たんぱく質
  • 油脂類類を多く使ったもの(揚げ物、マヨネーズなど)
  • 食品添加物や化学物質が含まれているもの
  • 小麦製品
  • 極端に甘いもの(スイーツ、ジュース)
  • 大量の薬やタバコ
回復食1日目の食事
朝:ミネラル酵素ドリンク(30~50ml)、スッキリ大根(腸の大掃除ができるおすすめ食です)
昼:サラダやスムージー、お粥など軽くて消化の良いもの
夕:お粥、みそ汁、とろろ、煮物、納豆、おくら、長芋など
  • 発酵食品(植物性)を積極的に摂ります。ファスティング後は腸内が善玉菌優位の状態ですので、意識して取る事でさらに腸内環境がよくなり、免疫力が上がります。
  • 食べる順番は、野菜→汁物→温野菜→豆・卵・魚などのたんぱく質→炭水化物、で酵素の消化を防ぎ、血糖値を安定させます。
  • ゆっくりよく噛んで食べます。
回復食2日目以降の食事
リバウンドを防ぐため、ファスティング終了後もしばらくはミネラル酵素ドリンクを一日20~30ml程度飲むと良いでしょう。強い乳酸菌、ポリフェノール、ビタミン、ミネラルを継続して飲むことで腸内環境を再考の状態に保ち、酵素の働きを活発にして代謝を上げることでファスティングの効果や健康を維持する事ができます。

 

朝:ミネラル酵素ドリンク(30~50ml)、野菜、フルーツ程度
昼食以降:玄米(よく噛みます)、雑穀米、みそ汁、お吸い物、生野菜、ぬか漬けなど 油はエゴマ油や亜麻仁油など良質の油であればOKです。肉や魚、卵、乳製品などの動物性食品、添加物は避け、徐々に通常の食事に戻していきます。
 
※油もの、肉、魚など動物性食品は避けます。(休んでいた胃腸がびっくりし、吐き気や倦怠感が出ることがあります)
※肉、魚はなるべく回復食4日目からにしましょう。
※リバウンドに注意
ファスティング中は省エネモードになっているため、ファスティング終了後はまだ省エネモードのままです。普段より栄養を貯めこもうとするので摂取カロリーが多いとリバウンドに繋がります。
代謝が正常に戻るまでの4、5日程度は食事内容や食事量に気を付けます。
※揚げ物、スイーツなど脂肪をため込む食事は避けます。
これらのステップを通して
あなたは、スッキリ、生まれ変わります。
ファスティングで細胞レベルまで綺麗になったピッカピカの身体。
ここからは、食の意識と知識を高め、
できるだけ身体に負担がないものを
選んで心地よい生活をしていきましょう。
AURA式ミネラル酵素ファスティングは、身体の生まれ変わりを実感できる、身体に優しいファスティングです。

アクセス

〒531-0074
大阪市北区本庄東1-1-15
地下鉄谷町線、地下鉄堺筋線

天神橋筋六丁目駅 徒歩3分 


© 2019 All rights reserved.